節税効果のある不動産経営 | 人生を謳歌したいのなら投資マンションにトライしてみよう

人生を謳歌したいのなら投資マンションにトライしてみよう

不動産模型

節税効果のある不動産経営

損益通算があるメリット

店舗

土地を持っている人がマンション経営した方がいい理由とは、節税効果があるからです。特に評価額の高い土地ほどマンション経営に向いているのです。なぜなら評価額の高い土地は固定資産税が高くなります。また評価額が高いということは立地が良いということですから、マンション経営しても成功しやすいのです。仕事を定年退職してから老後の生活のためにマンション経営を始めようと思っている人がいますが、始めるなら仕事をしている内の方がいいのです。なぜならマンション経営には損益通算という考え方があり、もしマンション経営が赤字になったら給与所得から赤字分を相殺できるからです。年収800万円の人がマンション経営で200万の赤字が出たら、相殺して600万円が所得となり税金が安くなるのです。

土地を探す時にやること

評価額の高い土地を持っている人はそこにマンションを建てればいいのですが、土地を所有していない人は新たに探すことになります。マンション経営の当初は建設資金や管理会社の経費がかかり、部屋も空室状態なので赤字になりやすいのです。早めに黒字転換するためには良い立地の土地を手にいれる必要があります。マンション経営に向いている土地を見つけたら、まず収益シミュレーションをしてみることが大事です。もしここにマンションを建てた場合、入居率はどのくらいで家賃収入が月にどのくらい入ってくるかを予想計算するのです。その時に欠かせないのが周辺マンションの家賃相場です。シミュレーションすることで黒字転換できるメドが立ちますし、家賃を決めることができるのです。